残業未払い・長時間労働を変える   2・28最高裁判決

国際自動車(Km)残業代不払い裁判

2012年5月、全国際自動車労組(国際全労)の組合員15名が給料から複雑なカラクリで差し引かれていた残業代、深夜手当、休日手当、通勤手当など計1900万円強の支払いを求め東京地裁に提訴(第一次訴訟)して4年半。裁判では、1審・2審とも会社に対して、1人当たり100万円程度の未払い残業代(過去2年分)の支払いを命じたことに対して、会社側が上告していたこの第一次訴訟で最高裁は12月6日に口頭弁論期日を指定してきました。 続きを読む

カテゴリー: 速報! 総行動 | タグ: | コメントする

2月17日東京総行動,フィリピントヨタ労組を支援する会報告

水道橋のトヨタ自動車東京本社前には100名以上の結集があり、午後5時10分より抗議行動が始まりました。抗議行動に先立ち、午後3時半よりトヨタ東京本社内にてフィリピントヨタ労組を支援する会による申し入れ、面談が行われました。配布したビラとトヨタに手渡した申し入れ書をご紹介します。

【ビラ】
始まった解決交渉!トヨタはフィリピンでの不当解雇を撤回せよ!

東京に住みまた働く市民、労働者の皆さん!
私達はトヨタ自動車が海外進出した現地法人フィリピントヨタ社で、組合を結成して立ち上がったフィリピン現地の従業員を233人も根こそぎ解雇し(2001年)、その後さらに4名も解雇した(2010年)ことに対し解雇撤回を求めて闘っている現地のフィリピントヨタ労組と連帯し、支援活動を行っています。

トヨタ東京本社前での抗議行動

続きを読む

カテゴリー: 速報! 総行動 | タグ: | コメントする

フジビ闘争支援共闘会議第4回総会・講演会を開催

 宮里弁護士、古川弁護士が記念講演を行う

23日ムーブ町屋ホールにてフジビ闘争支援共闘会議第4回総会と弁護団による記念講演が160名の組合員の参加で盛会に開催された。舞台上中央には東京地裁、高裁が「不法」と決めつけたフジビ闘争を象徴する3本のノボリ旗が掲げられ、1988年に子会社フジ製版に組合を結成したときの総評の旗とともに、全労協の富士美術印刷・本社分会と子会社フジ製版分会の3枚の組合旗が掲げられた。

記念講演する宮里弁護士

続きを読む

カテゴリー: お知らせ | タグ: | コメントする

トヨタの解決交渉行き詰らせ策動に「ノー」を!

日頃のフィリピントヨタ労組へのご支援を大変ありがとうございます。

トヨタ自動車の豊田章男社長は3日夜に安倍首相、菅官房長官と会談し日米の自動車問題
について話し合った。また、豊田章男社長は1月9日のデトロイトでの北米国際自動車シ
ョーで、トランプ新大統領のトヨタのメキシコ新工場建設批判をかわすように今後5年間
で米国事業に100億ドル(約1兆1600億円)を投資することを表明した。

一方フィリピンでは労働雇用省(DOLE)ジョエル・マグルンソッド副長官主導のもと、フィリピントヨタ問題を話し合う、政労使会議(写真)が開催された。マグルンソッド副長官はフィリピントヨタ自動車社(TMPC)、フィリピントヨタ労組(TMPCWA)、ILOフィリピン駐在事務所に会議開催通知と出席要請を行い、1月13日に第1回会談、27日に第2回会談がDOLEにて行われた。TMPCは代理弁護士を出席させ、肝心の経営陣は出席せずとの相変わらず傲慢な態度であった。アメリカに1兆円もの投資を行うと表明したトヨタはなぜ、フィリピンで解雇した233名+4名の組合員の解雇問題を解決しようとしないのでしょうか。この2回の会議詳細内容について2月2日にTMPCWAよりプレスリリースが公表されました。原文はTMPCWAウェッブサイトをご覧ください。 続きを読む

カテゴリー: 速報! 総行動 | タグ: | コメントする

フジビ最高裁事件、日本労働弁護団の決議について記者会見

「労働組合の言論活動を完全に否定している」徳住堅治・日本労働弁護団会長

 

破産債務の8割以上が従業員の退職金や賃金という、フジ製版(東京・西日暮里)の非常に不可解な倒産により、解雇された労働組合員、東京労組フジビグループ分会所属が、その親会社、富士美術印刷(同)の責任を問い争議に立ち上がった。これに対して、親会社は、争議ビラなどで名誉を毀損されたとして、解雇で苦しんでいる組合員を被告にして損害賠償を要求してきた。驚くべきことに、東京地裁、高裁は350万円の賠償を命じてしまった。この裁判は現在、最高裁に上告されている____ 日本労働弁護団(徳住堅治会長、会員1700名)はこのフジビ最高裁事件について、第60回全国総会(2016年11月11日)で、最高裁はこの不当判決を糾すべき、との緊急決議を行った。決議がこのほど正式に採択されたことを受け、2016年12月26日、東京・霞が関の司法記者クラブで担当弁護団による記者会見が行われた。徳住会長は、高裁判決は組合活動の生命線である言論表現を完全に否定しており、憲法21条、28条に違反していると指摘した(詳細は下の動画参照)。解雇された当該2名、久保聡フジビ支援共闘会議議長も出席した。

記者会見の様子動画15分←クリック

レイバーネット動画←クリック

http://www.labornetjp.org/news/2016/1226shasin

この事件は『労働法律旬報』2016年12月下旬号で特集が組まれている。[特集]労働組合の言論活動―フジビ事件最高裁判決に向けて=古川健三/徳住堅治/中原純子

日本労働弁護団 総会決議(一番下の項目)←クリック

 

 

 

 

カテゴリー: 速報! 総行動 | タグ: | コメントする