JAL不当解雇撤回裁判原告団報告

5月15日(木)に客乗(客室乗務員)裁判の、6月5日(木)に乗員(パイロット)裁判の判決日を控え、JAL本社ではなく、東京高裁前での行動でした。東京全労協の纐纈議長の連帯のご挨拶をいただき、東京高裁への要請文も滞りなく届けることができ、105名の方が参加してくださって大変盛り上がった行動となりました。山口乗員原告団団長、内田客乗原告団団長共々、皆さまに深く御礼申し上げます。

判決日までわずかとなってきました。JALに対しては、不当な整理解雇を撤回し全原告を職場に復帰させるように、また東京高裁に対しては、真に公正な裁判を行うように、ギリギリまでさらなる運動の強化をめざします。皆様の強力なご支援をお願いいたします。

3月17日(月)にはJAL本社前宣伝行動(18時~)、24(月)、25(火)、27(木)と4月の7(月)、8(火)、10(木)、11(金)には東京高裁前で09時~16時まで座り込みを行います。他にも、18(火)銀座パレード(18:30 日比谷公園出発)、28(金)都内6か所宣伝行動(18時~、有楽町のみ18:30~)等々を予定しています。応援に来ていただけると嬉しいです。これからも、どうかよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 活動報告, 裁判 タグ: パーマリンク