2・18行動報告 「都教委は治外法権?」

東京都学校ユニオン

増田都子

 都教委は増田の個人情報漏洩等、数々の違法行為を行っており、さすがの「行政の狗」状態の裁判所も「違法」と断罪した。そこで「けんり総行動」の中で、都教委に謝罪するよう追及している。若い都教委総務部教育情報課係長は言った。

「違法行為と思わないで違法行為をやったことは違法行為にはなりませんから…、結果的に違法行為となったわけで…違法行為と自覚してやったことは違法行為になりますが…」。

参加者一同、唖然、呆然…

さらに彼は言う。「私どもは『個人』として行っているのではなく、『組織』として行っていることですから…」

これこそ、ナチスドイツの精神…アイヒマンが裁判で主張したことだった。「組織命令に従っただけ」と。都教委職員はアイヒマン化が完成か!?

初めての参加者が言われた。「ここ(都教委)は、異次元の世界みたいですね。」

増田 「そうなんです。都教委は無法地帯なんです。」

参加者「そうか…ここ(都教委)は治外法権なんですねぇ…。」

カテゴリー: 活動報告 パーマリンク