キヤノン偽装請負争議団

キヤノン偽装請負争議団 原告団長 阿久津真一

9・14東京総行動キヤノン本社前

9・14東京総行動キヤノン本社前

現在、キヤノンは団体交渉では話は尽き平行線だとして団交を拒否しています。しかし、キヤノンは偽装請負について団交で話し合うことを拒否しており、また、団交拒否を続けている1年半の間に、都労委や裁判での新たな証拠の開示があったなど、話が尽きたというような状況ではありません。東京総行動を始めとした運動の力で団交を再開させ、労使紛争の解決につながるよう、東京総行動へのご支援をよろしくお願いします。
 また、都労委では審問が進み、9回の審問の内6回が終了しました。この間の審問で、私たちの組合の支部長が2007年2月に衆議院予算委員会でキヤノンの偽装請負の実体について公述し、それによってキヤノンが大きく批判され、御手洗会長が参考人招致をされる寸前までになったことが組合嫌悪の根源となっていることが浮かび上がってきています。キヤノンの不当労働行為を許さず、勝利命令を勝ち取るためにも傍聴のご支援をよろしくお願いします。

今後の行動日程
◆キヤノン本社前宣伝
12/5(月) 7:30〜8:30
◆第11回キヤノン裁判期日
12/5(月) 13:30東京地裁527号法廷
◆第7回都労委審問
12/8(木) 10:00〜12:00
都庁第1庁舎南34F第1審問室

カテゴリー: 労働委員会, 活動報告, 裁判 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す