6・22東京総行動へ参加しよう!

 スタート集会は原発震災を招いた経産省・資源エネルギー庁前で開催
 東京電力・福島第一原発「事故」による放射能大量放出は、地球レベルでの環境被害へと拡大し、原発と人類は共存できないことを示しています。
 福島県では76%の小中学校で「放射線管理区域」(一般人の立ち入り禁止)以上を観測。子どもたちの生命を守るべき文部科学省は、子どもの屋外活動時の許容線量を20ミリシーベルト(一般の大人の被曝限度は年1ミリシーベルト)とする通知を出し、その未来さえ奪う事態へとなっています。これ以上の被曝をさせない緊急の措置とともに、制御できない原子力利用を直ちにやめさせなければなりません。
 東京総行動は、争議団・争議組合が主体となり、ともに支援連帯しつつ協同で取り組む一日行動です。1972年に誕生して以来今回で146回目となります。いま各地で大震災を口実とした解雇・休業・非正規切り、内定取り消しなども横行しています。
 今回の総行動は、原発被害・大量解雇に対して「命と権利を守る」行動として経済産業省・原子力保安院への抗議・要請行動をはじめ、トヨタ・パナソニック・キヤノンなどグローバル資本に対して争議解決を迫る一日行動となります。是非ご参加下さい。

東京総行動計画表6・22

カテゴリー: お知らせ タグ: パーマリンク

コメントを残す