6・14 東京福祉大学 宣伝行動報告

交通ユニオン 田嶋組合員

今回の東京福祉大学前(池袋)は初エントリー。池袋キャンパスは大学側法人の所在地ということで相手方の本丸。今回から文科省から大学前に切り替えました。大学側は当日の行動を事前に察知、研修名目をつけて教職員を別な場所に。中島元総長の支配を断ち切り、パワハラもセクハラもないまともな大学にするために、スラップ訴訟を跳ねのけて闘います。

カテゴリー: 速報! 総行動 | コメントする

6・14 リソルホールディングス前宣伝行動報告

全労協全国一般東京労働組合 日本エタニットパイプ分会

社前でのシュプレヒコールは以下。

・リソルは、アスベスト被曝者への安全配慮義務を果たせ!

・リソルは、アスベスト被曝退職者に健診の周知せよ!

・健診の手遅れを防ぐことは緊急だ!

・リソルは、家庭曝露のアスベスト被害を補償せよ!

・リソルは、近隣職場、住民のアスベスト被害を補償せよ!

・リソルは、全てのアスベスト被曝者に謝罪せよ!

・リソルは、公平な補償基準を示せ!

前の抗議先ニチアスと要求が近似している。ニチアスもエタニットも、戦前からのアスベスト大量使用企業として、アスベスト新法の財源拠出の特別事業主であり他の企業とは区分けされた4社の中の2社である。この2社が東京総行動にエントリーしていることは偶然ではない。その4社のうちのクボタはエタニット(現リソル)と同業他社関係にあり、アスベスト労災多発とアスベスト家族曝露、近隣職場・地域での被害の存在は両社は同じで、その対処が異なる。リソルはクボタのようには環境被害に補償しない。リソルは自社の労災・公害を善処せずして営業可能であろうか。

社前抗議後の団交申し入れに申し入れ団が三井ビルに入ると、リソル社員2名が1階エレベーター脇におり、ここで書類は受けますという。12階のリソル社玄関ではお客様に迷惑がかかるからという理由である。リソル社に申し入れに来たのであり、いわば道端で手渡せるであろうかと申し入れ団で話し合い、リソル社玄関で手渡すのがフツーであるということになり、そうしようとしたが阻まれて数十分もの間、立ち話が続いた。結果的には申し入れ団全員でなく一部のみに制限され、リソル社玄関前に行き、この社員2名がリソル社内に立ち、手渡すこととなった。

その後、19日にはリソルより抗議のFAXが入り、14日のこの申し入れに暴言、暴行があったので抗議して、団交については議論が平行線であり、これが改善されるまでお断りせざるを得ませんとのことである。平行線議論をどうやって治すのか、誠実団交する以外ないにもかかわらず。こうして判例も労働委員会も団交権を認めるアスベスト被曝退職者労組は団交拒否されるに至った。

 

カテゴリー: 速報! 総行動 | コメントする

【お知らせ】6.14東京総行動

急なお知らせで大変恐縮ではありますが、午前9時35分から予定しておりました、JAL不当解雇撤回争議団の国土交通省前行動は中止となりました。よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 速報! 総行動 | コメントする

6.14東京総行動のお知らせ

6月14日(木)、第169回東京総行動

けんり総行動実行委員会は6月14日、第169回東京総行動を行います。

1972年6月20日誕生の「東京総行動」は、今回、47年目直前の総行動となります。
前回の2・16東京総行動以降も、争議団・争議組合の仲間は元気に闘いを続けています。2月20日には“東京労組フジビグループ分会”が中労委で勝利的和解解決(スラップ訴訟最高裁不当決定でも執行させず.使用者概念の拡大実現)を手にしました。活動を支え続けてくれている皆様のおかげです。
当日朝の集合場所は、“郵政非正規社員の「定年制」無効(65歳解雇)裁判支える会”による郵政本社攻めです(“労働契約法20条裁判をたたかう郵政原告団を支える会”も参加します)。

詳細は20180614総行動ニュースのリンクを開きご確認ください。

カテゴリー: 速報! 総行動 | コメントする

国土交通省は解雇争議解決に向けて日本航空を指導せよ!

JAL不当解雇撤回争議団

  国交省前での宣伝行動は定刻の10時に開始した。参加者は約150名。まず主催者として、東京全労協 寺嶋事務局長より「JALの解雇争議も8年目を迎えた。かつて必要のない航空機を購入したり、赤字になる地方空港に就航したりと、 利権が絡んだ国策として行われたことに国の責任が無いわけがない。働く労働者にだけ責任を押し付けるのは、許すことはできない。東京全労協は最後まで支援する」と、挨拶があった。

  次に、国民支援共闘共同代表 全労協 金澤議長より「JAL解雇撤回闘争は、国鉄闘争に並ぶ闘争である。相手が強い権力を有している間は難しいが、突っ込む隙が必ず生じる。年度末から1~2年の間に来るだろう。立ち向かう強い団結が必要だ」と挨拶があった。 引き続き、中部支援共闘の青柳議長からの連帯挨拶は「自分は国労の出身だが、かつて国鉄は赤字だろうが関係なく設備投資を強化した。それがその後の破綻に繋がった。JALも同様に、経営破綻のつけを労働者にのみ押し付けた。しかも、不当労働行為の下で行われた解雇なのだから、不当労働行為の救済が必須だ。先ずは解雇者を元の職場に戻してからの話だ。JALは、ILO勧告、東京オリンピックを迎えるにあたり、一刻も早く解決交渉に臨まなければならない」

  最後に、当該の乗員清田事務局長が「この解雇はILO条約に明確に違反している。第四次勧告、アシスタンスが出るかもしれない時期に来ている。1月末の経営協議会での植木社長の発言を受けて、会社は3月31日の現社長退任までに、解決する案を出さなければならない。また、政府主導の経営再建だったのだから、国に責任があるのは当然だ。JALに対して強く指導することを求める。我々は、解決を目指して全力行動をする」と、決意表明を行った。 シュプレヒコーラーは客乗原告の下村で、国交省に向かって元気にシュプレヒコールを行った。司会は同じく客乗原告の山田。

国交省への要請団:
国民支援共闘会議共同代表  全労協  金澤議長
東京全労協  寺嶋事務局長
JAL不当解雇撤回原告団  内田 客室乗務員団長
同  鈴木 客室乗務員副団長

カテゴリー: 速報! 総行動 | コメントする